医療について

高齢化社会での医療と介護などの考え方

高齢化社会では、自分一人で医療を受けて生きていくということは難しくなります。
若ければ自分で体力を維持しながら医療の助けを借りて生きていくこともできます。
しかし、同じ人生の時間でも若いことの1年と高齢化後の1年では質が違います。
体も動かなくなりますし、頭も柔軟にまわらなくなります。
若い時の自分と高齢者の時の自分をよく理解して高齢化後の準備をしないといけないということも理解することが必要です。
そうなると、若い頃にひとりで出来たことが高齢化後にはできないということになります。
それで高齢者になった時の準備が必要なわけです。
もちろん経済的な準備も不可欠ですが、健康を維持し、病気になった時の介護をどうするかなどの自分の体や人間関係の準備も重要になります。
少子高齢化でますます高齢者が増え、若い人が減っていくということですから、自分を介護してくれる人を確保するということも考えて準備をする必要があります。
これからの時代を予測して対策を立てる必要があります。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.